うつわとサンタさんとリボン♪ 

11月も最終週。
北風が吹く冷たいお天気。
年の瀬が近づいてきたのを感じます。

なんだか気分もちょっと慌ただしく・・・。
あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと することリストにはたくさんの事柄が並んでいます。


そらみどうはすっかりクリスマス仕様になっています。
週末にもクリスマスギフトやパーティのプチギフトにぴったりのコモノが届く予定です。



作家さんからの作品もたくさん届いています~☆

まずは作陶家 宇田賀 織絵さんの作品からご紹介いたします!


2013-11-1utaka.jpg

あめ釉マグカップ
つやのある、あめ色のマグ。 寒い日のお茶じかんに。


2013-11-10utaka.jpg

まるいフォルムが素敵なポット


2013-11-4utaka.jpg

粉引汲み出し


2013-11-3utaka.jpg 2013-11-13utaka.jpg

粉引・黒釉しのぎ飯碗


2013-11-5utaka.jpg

人気の粉引丸皿
大・小2サイズ届きました。


2013-11-14utaka.jpg

かわら釉四角皿


2013-11-15utaka.jpg

粉引片口鉢


2013-11-11utaka.jpg

ふた付小鉢


2013-11-12utaka.jpg

ふたは小鉢の受け皿としてもお使いいただけます。


2013-11-7utaka.jpg

こちらは帯留め


2013-11-6utaka.jpg

蝶々型のものもあります。


2013-11-2utaka.jpg 2013-11-9utaka.jpg

こちらは花入れ2種


2013-11-8utaka.jpg

ミルクピッチャー
ちいさなお花を活けても似合いそうですね。






布こもの作家の POMELOさんからステキなターバンが届きました!


2013-11-3pomelo.jpg

リボン型のターバン!


2013-11-4pomelo.jpg

上の写真のターバンをひっくり返したところ。
表はバリバティック、裏は無地のコットン地が使われています
リバーシブルでお使いいただけます。

2013-11-2pomelo.jpg 2013-11-1pomelo.jpg

他にもいろんな種類が届きました!
着こなしのワンポイントに♪





五八PRODUCTSさんよりフラワーベースとサンタさんが届きました!


2013-11-3-58products.jpg

長野県農民美術 木端人形 サンタ 清水義博さん作
ひとつひとつ手彫りでつくられた、素朴で野趣豊かなサンタさんです。
てづくりのため、それぞれの大きさや表情がことなります。
あたたかな雰囲気ですね。


2013-11-1-58products.jpg

肥前吉田焼 224porcelainの 【 House for flower 】
草花をお家の煙突に生けることのできるフラワーベース。
屋根の部分は取り外すことができます。


2013-11-2-58products.jpg

お店の前の鉢植えのビオラを1輪。
手のひらに乗るちいさなお家です。テーブルの上やちいさなスペースにも彩を添えてくれます。




☆五八PRODUCTS・・・ 通称『ごはち』は2人のプロダクトデザイナーによって2011年東京三鷹に生まれました。
              それぞれの活動を通して触れた、産地や作り手さんの楽しいお話や凄い技術、そして
              彼らの作る素敵なものを、もっともっと知ってもらいたい、という思いからスタート。
              さりげないエッセンス効いた、日本の良いモノといっしょに、産地のコトも
              届けてくださっています。   
   
☆長野農民美術・・・ 大正8年 画家山本鼎の提唱により「農民の手により作られた美術的工芸品」の普及を
             目指し、長野県吉田市にて農民美術運動がはじまりました。
             一時は、全国50組合以上の団体が組織され、民芸・工芸としての木彫りが全国に
             広がりましたが、その後戦争の影響で農民美術運動、生産が停止されましたが
             戦後になり、吉田市でにてその活動を復活させました。
             復活後はアルプス登山者のお土産として「木端人形・木片人形」が数多く
             作られながら、現在は素朴で野趣豊かな、生活の中に普通に融け込む
             木彫りが作られています。


☆肥前吉田焼・・・ 日本有数のお茶所、温泉地としてしられる佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼。
            肥前吉田の開窯は有田よりも古いとも言われ、今から400年以上も遡ります。
            その長い歴史の中で磨かれてきた技術のバックボーンが肥前吉田焼の最大の特徴であり、
            様式にとらわれない自由なものづくりを可能にしてます。




この他、革こもの作家のCi CRAFTさん、布こもの作家のchikuchikulifeさん、HAKUHUGさん、
洋服・革こもの作家のcu*oioさんからも作品が届いています!
次回の日記にてご紹介いたしますのでお楽しみに♪








スポンサーサイト

[2013/11/28 15:44] そらみどうのこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soramido.blog66.fc2.com/tb.php/593-34ae9a57